ホクギンマンスリー 表紙絵ギャラリー

ホーム > ホクギンマンスリー 表紙絵ギャラリー

ホクギンマンスリー 表紙絵ギャラリー

2021年のホクギンマンスリーの表紙は、県内在住のイラストレーター、栗原淳子さんが新潟県内の四季折々の風景をほのぼのとしたタッチで描きます。

《栗原 淳子 氏 プロフィール》

1961年 佐賀県生まれ
京都 嵯峨美術短期大学卒業
結婚し、新潟市(旧亀田町)へ
デザイン事務所に勤務後
現在イラストレーターとして活動中

最近の作品展
2013年 エムスタジオにて
 「新潟の四季と子どもたち」原画展(「ホクギンMonthly」表紙絵)
2014年 エムスタジオにて作品展
2015年 エムスタジオにて作品展
2016年 ギャラリー浜つばきにて作品展
ギャラリー阿弥陀瀬にて作品展
2017年 アークギャラリーにて2人展
エムスタジオにて作品展
小さな美術館季にて2人展
ギャラリー環にて作品展
2018年 ギャラリー浜つばきにて作品展
渡辺ガーデン蔵にて作品展
ギャラリー阿弥陀瀬にて作品展

新潟の四季と子どもたち(2021年)

※表紙の画像をクリックすると拡大します。

2021年3月号

春風吹いて

イラスト 栗原 淳子 Kurihara Junko

がき大将を先頭に
春待ちきれず駆けだした
赤いほっぺの男の子
やさしい風が頬なでる
母さん春の種を蒔き
遅くなるなと声かける
らっぱ水仙笑ってる

2021年2月号

春待つ

イラスト 栗原 淳子 Kurihara Junko

雪がきらきら目にまぶしい
弟連れて雪遊び
辻の地蔵さま手を合わす
庇からぽたぽたしずくが落ちて
梢の雪がばさりと落ちた
まだまだ小さな春を待つ

2021年1月号

ほんやら洞

イラスト 栗原 淳子 Kurihara Junko

雪がしんしん降っている
辻の雪洞 灯がこぼれ
わいわい子どもの笑い声
洞の中はぬくぬくと
餅を焼いたり 甘酒飲んだり
ゆっくりゆっくり 夜は更けてゆく

←前のページに戻る