A9W0

相手の真意に応える!聴く技術・質問の技術

注意深く話を聴き、的確な質問で真意を引き出す

主な対象者

相手の話を正しく聴き、的確に質問をするための技術を身につけたい方。

受講料 18,700円(税込)
受講期間 2か月
在籍期間 4か月

教材構成

●テキスト 2冊
●添削 2回(コンピュータ採点型+講師添削型 いずれもWeb提出可)
【eTextあり】
テキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

eTextあり Web提出可
  • テキスト・添削見本のご利用方法はこちら

ねらい

■「聞く(=正確に情報を得る)」「聴く(=注意深く耳を傾け、内容を理解する)」「質問する(=相手の思いや考えを引き出し、より突っ込んだ話にまで踏み込む)」スキルやテクニックを身につけます。
■対話を通じた信頼関係の構築に「聴く」と「質問する」技術を役立て、より質の高い仕事を遂行できるようになることを目指します。

特色

■テキスト第1分冊では、準備編として「間違いなく聴くための心構え」を身につけ、その上で実践編にて、よく理解しながら聴くスキル、より深めるために引き出す(質問する)スキルを身につけます。
■テキスト第2分冊では職場でありがちなケースを取り上げ、実際のコミュニケーションシーンをイメージしながら学習できます。

カリキュラム

01
「聴く技術」と「質問の技術」の基本を身につける
1.準備編 「効果的に話を進めるための聴く技術」
・聴くことは信頼関係づくりの第一歩
・聴くための姿勢・心構えを身につける
2.実践編1 「相手の話を聴く」
・「聴く」の土台となる「聞く」
・相手の真意を理解する聴き方とは
・真意を探るためのテクニック
3.実践編2 「質問で真意を引き出す」
・対話のシナリオをつくる
・質問の効果と特徴
・「良い質問」とは
・質問を効果的に活用する
02
ケースで学ぶ!聴き方・質問の仕方
1.相手の話を聴く
・セミナーに参加して情報を入手する
・上司の話から真意を読み取る
2.質問を活用し、話を引き出す
・社内報の記事を書くためにインタビューをする
・お客さまの真意を引き出すヒアリング
・問題解決を部下指導に活用する
3.集団の中で話を聴き、意見を引き出す
・問題の解決に共に取り組む
・ファシリテーションで「聴く」と「質問」を実践する
  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
受講のお申し込み

お申込みは会員のお客さまのみとさせていただいております。

[非会員のお客さま]
お申込みはホクギン経済研究所のご入会が必要です。
ご入会はお電話にて承っております。<ご入会受付>0258(39)7302

[会員のお客さま]
お申込みはFAXにて承っております。下記よりお申し込み用紙をダウンロードし印刷後、必要事項をご記入の上FAXにてお送りください。

お申込み用紙(PDF)