ホクギンマンスリー

ホーム > ホクギンマンスリー > にいがた発 今昔歴史紀行

にいがた発 今昔歴史紀行
 〔 身近な歴史 小さな旅 〕

渡辺れい氏が越後の各地に残る、小さな歴史の欠片を探す旅へ――。
皆様の身近な場所にまつわる、意外な話が登場するかもしれません。

《作家・歴史家 渡辺 れい 氏 プロフィール》

本名:渡邊 豊
昭和36年 新潟市生まれ
新潟南高校・花園大学文学部史学科卒
平成18年 小説「峠」で新潟日報文学賞受賞
主な著書『武者たちの黄昏』『最後の決断 戊辰戦争-越後四藩の苦悩』
    『維新の墓標 昔々 北越戊辰戦争で』
    (いずれも新潟日報事業社)

2021年

3月号 馴染みの土地の、思わぬ誉れ
2月号 古きと新しき、高久に遊ぶ
1月号 山底のまち 温泉のまち
過去の連載

2020年 〔 武者たちの黄昏2020 ―山猫は眠らない― 〕

上杉謙信により統一される前後の越後にあって、時勢に与せず、ときには反旗を翻した武者たちの姿を描きます。

11月号 滅ばない風土
10月号 最後の山猫 新発田重家の牙
9月号 越後の衰退
7月号 分裂 御館の乱
6月号 越相同盟
5月号 臥牛(がぎゅう)山を包囲せよ! 本庄繁長の乱
4月号 殲滅(せんめつ) 下田と栃尾
3月号 府内の夜 長尾藤景と本庄繁長
2月号 湖上の宴 宇佐美定満と長尾政景
1月号 山猫が潜む国 謙信の苦悩

←前のページに戻る